【期間限定無料配布】古着転売特別セミナーはこちらから!

月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ

古着転売で赤字を掘ってしまう人が共通してやっている3つの行動パターン

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、いっせーです。

 

 

僕は現在、古着転売のみで

毎月50万の利益を安定して稼いでいるのですが、

最初からうまくいったわけではありませんでした。

 

 

それこそ、最初は赤字を掘るかどうか怖くて

中々行動できなかった期間というのもありましたし、

 

実際に、仕入れた古着が全く売れず、

赤字を掘ってしまって、

行動するのが怖くなったこともありましたね。。

 

 

で、今この記事を読んでいるあなたも、

もしかしたら同じ気持ちを抱いていて、

中々行動できずにいるのかもしれません。

 

 

実際に、Twitterなんかを見ていても、

当てずっぽうで古着を仕入れまくって、

 

「赤字になっちゃったー泣」

 

と呟いている人もちらほら見かけます。

 

 

ですが、僕も同じ失敗をやってきた経験上、

赤字を掘ってしまう人には

共通する3つの原因があります。

 

 

なので、その原因を知って、

しっかりと対処していけば、

赤字を掘る可能性をガクンと下げることができるので、

 

ぜひ今回の記事を最後まで読んで、

赤字プレイヤーになる危険を回避してくださいね。

 

 

古着転売で赤字を掘ってしまう人の行動パターン3つ

 

 

古着転売で赤字を掘ってしまう人の

3つの行動パターンとはなんなのか?

 

 

これ、結論から言ってしまうと、

 

①リサーチせずに仕入れる

②いきなり高い単価で仕入れる

③めちゃくちゃ高い値段or安い値段で出品してしまう

 

この3つです。

 

 

古着転売で赤字を出してしまう人は、

上記3つのいずれかを必ずやっています。

 

 

実際、僕が赤字を出しまくってた

初心者の頃も見事に全部やってました。

 

 

リサーチせずに仕入れてたし、

お金ないくせに3000円とかのアイテムを仕入れてたし、

700円で仕入れたアイテムを1500円とかで出品してしまってました。

 

 

今考えたらどんだけアホやねん・・・

って感じなんですが、

知識の乏しい最初の段階って

誰しもがやってしまいがちなことでもあります。

 

 

これから、それぞれの行動がダメな理由を

深掘りして解説していくので、

ぜひ頭に叩き込んでください。

 

 

①リサーチせずに仕入れる

 

 

まず一つ目が、

「リサーチせずに仕入れる」

ということ。

 

 

なぜこの行動をとってしまうと、

赤字を掘る可能性が高くなるのか?というと、

 

単純に、売れない古着を仕入れてしまう確率が

グンと高まってしまうからです。

 

 

リサーチはなんでやるのか?というと、

売れる商品を仕入れるためでもありますが、

同時に、間違った商品を仕入れないためでもあります。

 

 

だから、リサーチを頑張らないということは、

売れる商品がわからないのはもちろん、

 

”仕入れちゃダメな商品”

や、

”売れない商品”

 

も把握できないままに、

ガンガンお金を突っ込んで

無駄なことにお金を溶かしてしまう。

 

 

よって、赤字になってしまうのです。

 

 

それって言ってしまえば、

ビジネスじゃなくって、

「ただのギャンブル」なんですよね。

 

 

売れるかどうかわからない。

でも売れそう、、

いいや!仕入れちゃえ!!

 

って気持ちで仕入れをするのは、

勝つかどうか定かじゃない馬の馬券に

お金を突っ込む行為と同じなので、

絶対にやめておいた方がいいです。

 

 

だから、確実に利益の出る商品を仕入れて、

確実に売れない商品の仕入れを避けたいのなら、

しっかりとリサーチに力を入れてください。

 

 

詳しいリサーチの方法はここに書いてます。

【有料級】古着転売で毎月50万利益を稼ぐ僕が実践しているリサーチ方法を無料で公開

 

 

とにかく、赤字を出したくないのなら、

まずはしっかりとリサーチに取り組み、

それから仕入れに行くことを心がけるのが大事です。

 

 

②いきなり高い単価で仕入れる

 

 

2つ目のNG行動パターンは、

 

「いきなり高い単価で仕入れる」

 

ということです。

 

 

これもやっちゃいがち

・・・というか、僕がもろにやってました。苦笑

 

 

当時、使えるお金が15万ぐらいしかなかったのに、

1着3000円とか、7000円ぐらいする商品を

平気でガンガン仕入れて、

 

でも、そうやって仕入れた商品のほとんどは、

仕入れ値と同額あるいは、

仕入れ値いかでしか売れず、

初月は見事に5万円の赤字を掘りましたね。。

 

 

この失敗談から一つ確実に言えることは、

 

資金が乏しいうちは、

仕入れ単価を上げちゃダメ

 

ってことです。

 

 

じゃあどうすればいいか?というと、

初心者のうちは、

 

夏物→1000円以下で

冬物→2000円以下で

 

の仕入れを心がけましょう。

 

 

これは単純に、

リスクを減らせるからです。

 

 

例えば、3000円のお金を、

たった1着の仕入れに使ってしまうと、

 

その商品が売れなかった場合、

3000円丸々損してしまいます。

 

 

ですが、3000円で500円の商品を

6着仕入れておけば、

 

そのうちの2,3着が売れなかったとしても、

別の3着でカバーすることができます。

 

 

なので、資金が乏しいうちは特に、

1着あたりの仕入れ単価をしっかりと抑えて、

リスクの少ない売り方をしていくのが大事です。

 

 

このルールを守らずに、

高いアイテムばかりにお金を突っ込んでしまうと、

 

初心者時代の僕のように、

5万円とか無駄にしてしまいますからね。。

 

 

ちゃんと、仕入れ単価を抑えることは意識してください!

 

 

③めちゃくちゃ高い値段or安い値段で出品してしまう

 

 

3つ目。最後のNG行動パターンが、

 

「めちゃくちゃ高い値段or安い値段で出品してしまう」

 

ということです。

 

 

これ、なんでかというと、

価格設定って高すぎても安すぎてもダメで、

 

高すぎると、全体の回転率がグンと下がり、

売れる数が激減して、

全体の売り上げが落ちてしまう。

 

逆に出品価格が安すぎると、

売れたとしても手元に残る利益がほぼなくなってしまう

 

・・・という事になるからです。

 

 

 

特に、初心者に多いのは、

どちらかというと後者の

「安い値段で出品してしまう」

というところですね。

 

 

何を隠そう、僕自身も、

初心者の頃はめっちゃくちゃ安い値段で

出してしまってました。

 

 

例えば、700円で仕入れたアイテムを1500円で出品。

 

値下げして900円で売れて、

送料と手数料も引いたらマイナスになる

という感じです。

 

 

いやー安く出品しすぎでしょw

って感じなんですが、

初心者のうちってどうも価格設定に

ビビってしまうんですよね。

 

 

ちょっとでも高すぎると

売れなくなっちゃうんじゃないか?

みたいなことを考えて、

必要以上に安くしてしまうのです。

 

 

だから、ここは勇気を持って、

気持ち高めの値段設定をしましょう。

 

 

例えば、3000円で売れたらいいなー

って商品に関しては、

4000円〜5000円ぐらいで出品。

 

5000円ぐらいで売れたらいいなー

って商品に関しては、

6000円〜7000円ぐらいで出品。

 

 

大体、

「売りたい価格+1000〜2000円」

で価格設定をしておけば、

 

回転が悪くなることもないし、

値下げしていく過程でいいねが溜まって、

ポロっと売れることが多いです。

 

 

逆に、売りたい価格の倍以上とか、

めちゃくちゃ高い値段をつけてしまうと、

極端に回転率が悪くなって、

全然売れなくなります。

 

 

高単価で売りたくなる気持ちもめちゃわかりますが、

いくら高単価で売れたとしても、

 

例えばそれが、月に3着とかしか

売れなかったら意味がありません。

 

 

変な話、1着1万円の服を月に3着売るよりも、

1着3000円の服を月に30着売る方が、

どう考えても売り上げにつながりますからね。

 

 

だから、価格設定も結構重要で、

ちゃんとリサーチして相場を調べて、

売りたい価格+1000〜2000円に

思い切ってつけるのが大事ですね。

 

 

失敗行動と逆の行動を取れば失敗しない

 

 

・・・と、いうことで、

赤字を掘ってしまう人に共通する

3つの行動パターンを解説してみました。

 

 

今一度おさらいすると、

 

①リサーチせずに仕入れる

②いきなり高い単価で仕入れる

③めちゃくちゃ高い値段or安い値段で出品してしまう

 

の3つでしたね。

 

 

 

で、赤字を掘りたくないのなら、

この3つのNG行動の逆をとればいいのです。

 

 

要は、

 

しっかりとリサーチして、

仕入れ単価を抑えて、

安すぎず、高すぎない価格設定をすれば、

 

大きな赤字を掘る可能性は

低くなるということです。

 

 

だから、赤字にビビっている人、

あるいは赤字をすでに掘ってしまった人は、

 

ぜひ、この3つのNG行動の

逆の行動をとるように

意識付けをしてみてください。

 

 

とはいえ、始めて最初の1ヶ月は売れない時期もある

 

 

ここまで、3つのNG行動を話して、

その逆の行動を取れば、

大きな赤字を掘る危険性はなくなるよ

 

ということを話してきましたが、

とはいえ、最初の1〜2ヶ月は、

中々売れない期間も存在します。

 

 

なぜなら、アカウント力が乏しいうちは、

安定して売れるまでに多少のタイムラグが存在するからです。

 

 

例えば、初月に10万円を使って

100着仕入れて、それを出品。

 

だけど、初月は中々勢いが出ず、

トータルで7万円しか売れず、

3万円マイナスになってしまった、、

 

ということがあったとします。

 

 

ですが、翌月にも在庫は残る上に、

売れた分アカウント力も育つので、

 

翌月も数を増やしていけば、

前月よりもどんどん売れやすくなってきます。

 

 

で、

 

2ヶ月目は売り上げ15万、

3ヶ月目は20万、

4ヶ月目は30万・・・

 

という感じで徐々に伸びていき、

最初はマイナスだったとしても、

3ヶ月目ぐらいから徐々にプラスに転じていきます。

 

 

だから、本当にゼロイチの時期は、

結果が出るまで多少のタイムラグがあることを覚えておいてください。

 

 

今日話したNG行動をしっかりと回避して、

正しい行動が取れているのなら、

 

初月の売り上げが少ないあるいは赤字になったとしても、

焦らず前に進んでいきましょう。

 

 

と、いうことでした。

 

 

今回は、結構大事なことを話したので、

よければ何度も記事を読み返してみてくださいね。

 

 

ではでは!

 

 

 

僕が会社員時代に古着転売で月30万の副収入を稼いだ戦略を無料公開中

 

 

僕は現在、たった1人の個人で

年収1000万の収入を得る事ができています。

 

ですが、最初から才能があったわけではありません。

 

元々は最終学歴高卒で、

工場での肉体労働しか経験してなかったですし、

学生時代には同じ資格試験に6回連続で落ちるほど

勉強が苦手でした。

 

 

ですが、そんな状態だった僕でも、

古着転売というビジネスに出会い

正しい知識を元に実践した事で、

たった半年で会社の給料を超える収入を得る事ができました。

 

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識を元に

古着転売を実践すれば、

人生は変えられると思っています。

 

 

ちなみに、これからの時代は、

会社に雇われるだけでは厳しい時代がやってきます。

 

人生を安泰に生きていくためには、

必ず、”自分の力でお金を生み出すスキル”を

身につけなければいけません。

 

ですが、今の日本の教育を受けていたら、

雇われとして生きるための選択肢しか与えられず

起業で成功するための知識は一切教えられません。

 

そんな中、起業で成功を目指せ!と言われても

何から始めたらいいのかわからないと思います。

 

 

なので、僕自身がただの工場勤務だった状態から

スマホ1台で古着転売を実践し、

半年で月30万の副収入を得た戦略を

丸裸にしたセミナー動画を作成しました。

 

 

普段は1200円で販売している

有料のセミナー動画になりますが、

今なら期間限定で無料で受け取る事ができます。

 

すでに学んで頂いた方からは、

「ゼロから成功するまでの道のりが明確に学べた」

と、好評です。

 

メルマガ登録後、

すぐにプレゼントを受け取る事ができますので、

興味があればぜひ視聴してみてください。

 

→古着転売の特別セミナーを視聴する

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ , 2021 All Rights Reserved.