【期間限定無料配布】古着転売特別セミナーはこちらから!

月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ

「古着転売で稼ぐためにはマーケティングが必要だ!」という意見は完全に間違い

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、いっせーです。

 

 

僕がいろんなメディアで

古着転売ビジネスをお勧めしている

理由の一つとして、

 

「ビジネスモデルがシンプルで取り組みやすい」

 

というものがあります。

 

 

実際、古着転売で稼ぐために

やるべきことは、

 

・売れる古着を調べて

・仕入れて

・販売する

 

という、この3つだけなんですね。

 

 

だけど、最近なぜか、

 

「古着転売で稼ぐにはマーケティングが大事だ!」

 

というような意見を言う、

”完全に間違った意見”を言う人が結構いて、

かなり驚いています。

 

 

もちろん、マーケの知識も

勉強したらいくらかプラスには

なるかもしれませんが、

かなり効果は薄いです。

 

 

その理由を今回の記事で話していくので、

ぜひ、正しい知識を抑えた上で

古着転売に取り組むようにしてくださいね。

 

 

そもそも「マーケティング」って?

 

 

本題に入る前に、そもそもの

「マーケティング」と言うものの定義を

ここではっきりとさせておくと、

 

「商品やサービスを広めるための技術」

 

です。

 

 

ビジネスをやっていく以上、

自分の商品やサービスを広めていかないと

そもそも売上を出すことができないので、

 

この「マーケティング」と言う技術が

重要になってくるわけです。

 

 

なので、多くの企業は、

 

SNSを使ったり、

広告を打ったり、

インフルエンサーを起用したりして、

 

自社の商品を広めるための

「マーケティング活動」

をしているわけですね。

 

 

実際に、僕がこのブログ記事を

書いているのも、

「自分の存在を広めたいから」です。

 

 

今回のブログ記事を書くことで、

Googleの検索エンジンという市場に

ブログ記事を出すことができます。

 

 

なので、「古着転売 マーケティング」

みたいな感じで検索をした人が

今回の記事に訪れて、僕のことを知ってくれる。

 

 

こうやって、認知を広めるために

マーケティング活動を行っているわけです。

 

 

要は、マーケティングが必要になるのは、

 

「ゼロから認知を取る必要があるサービス」

 

のみだと言うことですね。

 

 

古着転売にマーケティングが必要ない理由

 

 

で、そう考えた時に、

 

メルカリ古着転売にはマーケが必要ない

 

と言うことを断言することが出来ます。

 

 

なぜなら、

 

「メルカリがすでにマーケティングをしてくれているから」

 

ですね。

 

 

さっき、

マーケとは商品を広める技術であり、

そのために色んな企業や個人は

 

SNSや広告を使って、

マーケティング活動を行う

ということを話しました。

 

 

ですが、僕らがメルカリで

古着を売っていく上で、

販促活動って必要ありません。

 

 

なぜなら、すでにメルカリが

マーケティング活動を行って、

たくさんのユーザーを集めてくれているからです。

 

 

実際、現状メルカリには

3000万人以上のユーザーがいて、

 

僕らはその市場に商品を投下するだけで、

集客とかマーケティング活動をする必要もなく

収益を上げることが可能であり、

 

さっき言った、

「ゼロから認知を取る必要があるサービス」

には含まれません。

 

 

 

もちろん、自分のアカウントの商品を

広めていくために、

値下げをしたり、検索キーワードを狙ったり

という作業は必要になっていきますが、

 

それって、

「マーケティング」っていうほどの

ものではないんですよね。笑

 

 

だから要は、古着転売のメリットって、

「マーケティングをしなくていいこと」

になります。

 

 

これがマジでメリットとしてでかい。

 

 

どんなビジネスでも、

最も大変になってくるのは

「集客」

の部分です。

 

 

なぜなら、集客には

常に広告費などのコストがかかる上に、

ライバルの影響に晒されやすいからです。

 

 

実際、情報発信とか

やってみたらわかりますけど、

 

SNSやブログを運営して

認知を集めるにも「時間」という名の

コストがかかりますし、

 

広告を打って認知を集めるにも、

「お金」という名のコストがかかります。

 

 

しかも、仮に検索エンジンで

上位を取れたとしても、

 

もっと強いライバルが出てきたら、

順位をひっくり返されて、

集客数が減ってしまいます。

 

 

だから、どんなビジネスをやるにしても、

「集客」と、「集客をするためのマーケティング活動」

が最もハードルが高い部分なんですね。

 

 

 

そこがネックで、

ビジネスをスタートできない人が大半です。

 

 

 

ですが、古着転売で稼ぐ場合、

メルカリがすでに巨大な市場を

作ってくれていて、

 

そこに商品を出していくだけで、

認知や売上を獲得することが可能です。

 

 

だからこそ僕は、

「古着転売はハードルが低い」

ということを言っているのです。

 

 

 

なのに、中には

「古着転売はマーケが必要だ!」

とかっていう人がいるので、

 

「なんでこんなにシンプルで取り組みやすい古着転売を、わざわざ複雑にするようなことを言うんだろう?」

 

と思ってしまうわけなんです・・・。

 

 

 

「ブランディング」と「マーケティング」の見分けができない頭の悪い人たち

 

 

で、なぜそんなことを

言ってしまう人がいるのだろう?

と考えてみたところ、

 

「ブランディング」

「マーケティング」

 

を、ごっちゃにしてしまっている人が

多いからなのかな?と思ったのです。

 

 

何度も言っている通り古着転売には、

マーケティングは必要ありません。

 

ですが、ブランディングが

必要になる側面は出てきます。

 

 

そもそも

「ブランディング」

ってなんなのか?と言うと、

 

ざっくりと言えば、

「見せ方を工夫して価値を操作する技術」

です。

 

 

例えば、大手牛丼チェーン店なんかは、

 

「安くて、速くて、美味い」

 

というイメージがありますが、

それも企業側がそう見えるように

ブランディングしているからです。

 

 

逆に、高級レストランや

高級ホテルのサービスが「高級」に見えるのも

企業側がそうブランディングしているからなんですね。

 

 

で、それこそ古着転売でも、

全く同じ商品でも

写真のクオリティによって

単価に差が現れたりします。

 

 

例えば、こんな感じに↓

 

 

見たらわかると思うのですが、

ブランドもデザインもサイズも一緒。

さらにカラーもほぼ同じ。

 

なのに、

「見せ方一つで」

単価が大きく分かれているのです。

 

 

この差はなんなのかと言うと、

「ブランディングの差」

ですね。

 

 

自分の狙っているターゲットが

欲しがっている商品を仕入れて、

 

自分の狙っているターゲットから

魅力的に映るように写真を撮ることで、

こうやって、単価を高めることが可能なのです。

 

 

 

他にも、写真を綺麗に撮って、

アカウントページを映えさせたり、

 

明るさや世界観、色を操作して、

高級感をアップさせたり。

 

 

こうした作業をして、

ブランディングを高めることが

古着転売においては重要になります。

 

 

 

で、ですね。

 

「マーケが大事だ!」

と言っている人の多くはおそらく、

 

さっき話した

「ブランディング」と「マーケティング」が

ごっちゃになっているんだと思います。

 

 

ですが、ここで定義を整理しておくと、

 

マーケティング=商品やサービスを広める技術

 

ブランディング=見せ方を工夫して価値を操作する技術

 

となりますから、

それぞれは全く別のものだと

断言することが出来ますね。

 

 

だから、

「古着転売はマーケが大事だ!」

と言っている人を見た場合、

 

「あ、この人はブランディングとの違いをわかっていないんだろうな」

 

と、捉えるようにしておいた方がいいです。

 

 

 

別に、マーケティングは必要ありません。

 

 

実際に僕も、

古着転売で月50万を稼いだ時は、

 

ペルソナも、

セグメントも、

マーケティングファネルも、

LPも、

CPCも、

CPAも、

ROASも、

 

何一つ理解していませんでしたから。笑

 

(上記にあげた用語は理解できなくてOKです)

 

 

今となっては、

情報発信ビジネスで

自分自身でマーケをする必要があるので、

 

さっきあげた単語は全て勉強して

理解していますけど、

古着転売で稼ぐ上だったらマジで必要ありません。

 

(もちろん、概念をわかっておけばプラスになる要素もありますけどね)

 

 

古着転売で稼ぐために大事な本質はたった2つだけ

 

 

で、ここまでで

「古着転売にマーケはいらない」

と言うことを理解できたかと思いますが、

 

それと同時に、

最後に古着転売で稼ぐために

必要なことも共有しておきましょう。

 

 

結論から言ってしまうと、

 

・売れる商品を仕入れること

・一定数出品すること

 

この二つですね。

 

 

この2つさえ出来ていれば、

月10万〜30万ぐらいなら

サクッと稼ぐことが可能です。

 

 

もちろん、

それ以上目指そうと思ったら、

 

ブランディングについての理解を深めたり、

差別化を考えたりすることが大事です。

 

 

ですが、初心者が

最初の10万円〜30万円を目指す上では、

 

メルカリ上で売れる商品を把握し、

それをたくさん仕入れて、

100出品以上する

 

これさえ出来ていれば、

全く問題ないのです。

 

 

だから、マーケが必要だとか、

意味不明な専門用語を

出してくる人の意見は無視して、

 

シンプルな本質を守って、

古着転売に取り組んでください。

 

 

 

古着転売ビジネスのいいところは、

 

・マーケティングをしなくていいところ

・シンプルで取り組みやすいところ

 

なんですから、

余計な意見はフル無視して、

シンプルに稼いでいきましょう。

 

 

ではでは!

 

 

 

僕が会社員時代に古着転売で月30万の副収入を稼いだ戦略を無料公開中

 

 

僕は現在、たった1人の個人で

年収1000万の収入を得る事ができています。

 

ですが、最初から才能があったわけではありません。

 

元々は最終学歴高卒で、

工場での肉体労働しか経験してなかったですし、

学生時代には同じ資格試験に6回連続で落ちるほど

勉強が苦手でした。

 

 

ですが、そんな状態だった僕でも、

古着転売というビジネスに出会い

正しい知識を元に実践した事で、

たった半年で会社の給料を超える収入を得る事ができました。

 

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識を元に

古着転売を実践すれば、

人生は変えられると思っています。

 

 

ちなみに、これからの時代は、

会社に雇われるだけでは厳しい時代がやってきます。

 

人生を安泰に生きていくためには、

必ず、”自分の力でお金を生み出すスキル”を

身につけなければいけません。

 

ですが、今の日本の教育を受けていたら、

雇われとして生きるための選択肢しか与えられず

起業で成功するための知識は一切教えられません。

 

そんな中、起業で成功を目指せ!と言われても

何から始めたらいいのかわからないと思います。

 

 

なので、僕自身がただの工場勤務だった状態から

スマホ1台で古着転売を実践し、

半年で月30万の副収入を得た戦略を

丸裸にしたセミナー動画を作成しました。

 

 

普段は1200円で販売している

有料のセミナー動画になりますが、

今なら期間限定で無料で受け取る事ができます。

 

すでに学んで頂いた方からは、

「ゼロから成功するまでの道のりが明確に学べた」

と、好評です。

 

メルマガ登録後、

すぐにプレゼントを受け取る事ができますので、

興味があればぜひ視聴してみてください。

 

→古着転売の特別セミナーを視聴する

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ , 2021 All Rights Reserved.