【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ

【有料級】古着転売の作業を完全外注化し、自動化収益を実現する方法を無料で公開

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、いっせーです。

 

 

僕が勧めている古着転売ビジネスは、

稼ぎやすい反面、労働集約型なので、

拡大していくことが結構難しかったりします。

 

 

それこそ、稼げば稼ぐほど

労働料も同時に多くなっていって、

いずれ収益が頭打ちとなってしまうんですね。

 

 

ですが、そんな古着転売でも

収益を拡大していく方法があります。

 

それが、「外注化」を実践することですね。

 

 

古着転売における、

出品や発送の作業を

人かツールに任せることで、

 

作業を自動化することができ、

自動化収益を実現できるのです。

 

 

実際僕も、現在は古着転売における

仕入れ以外の作業を完全外注化しており、

毎月100万以上の売上が自動で入ってきます。

 

 

たった1人の個人が、

100万円以上の規模を作れているのは、

間違いなく外注化をしているおかげなんですね。

 

 

外注化をすることで、

労働量を減らしながらでも

 

収益を拡大したり、

不労所得を得ることが可能です。

 

 

ということで、今回の記事では

 

”古着転売の作業を完全外注化し、

自動化収益を実現する方法”

 

を徹底公開していこうと思います。

 

 

ぶっちゃけ、めっちゃくちゃ有料級です。

 

それなりに暴露するつもりなので、

いずれ有料化or非公開にするかもしれません。

 

 

ですので、今のうちに

しっかりと内容を読み込んでみてくださいね。

 

 

それでは、話していきます。

 

 

古着転売の作業を外注化する3つの流れ

 

 

まずは、外注化するための大枠の部分について。

 

 

古着転売の作業を外注化するには、

3つの流れを踏むことが大事です。

 

 

その3つの流れがこちら。

 

・外注用のアカウントを用意する

・古着転売の作業を細分化し、外注化する部分を決める

・身近な人orクラウドソーシングサイトにて頼める人を探す

・作業マニュアルを作成する

 

 

この流れ通りに進めることで、

古着転売の作業を

確実に自動化していくことができるのです。

 

 

外注用のアカウントを用意する

 

 

まず最初に、

外注用のアカウントを用意します。

 

 

自分がメインとして使っている

メルカリアカウントを

そのまま外注に回してもいいのですが、

 

安定して収益が出ている柱を

下手にいじってしまうと、

全体の収益が下がってしまう恐れもあります。

 

 

その上、価値あるメルカリアカウントと

大量の在庫を譲渡してしまうと、

持ち逃げされるリスクも高まります。

 

 

もちろん、信頼できる友人などを

外注として雇える場合は、

メインアカを任せてもいいのですが、

 

極力、その辺のリスクヘッジも兼ねて、

外注用のアカウントを作成してみてください。

 

 

 

ちなみに、メルカリやラクマは、

同じ名義で複数アカウントを作るのは

基本的に禁止されているので、

 

親や友人のメルカリアカウントを借りて、

運用していくのがおすすめです。

 

 

あるいは、

これはちょっとグレーですが、

ヤフオクなどでアカウントが販売されているので、

そこから購入して使うっていうのも一つ方法としてはありますね。

 

 

ただまあ、これはグレーな手法なんで、

やるなら自己責任でお願いしますね。苦笑

 

 

 

とにかく、まずは

「外注用のメルカリアカウント」

これを用意するところから始めてみてください。

 

 

古着転売の作業を細分化し、外注化する部分を決める

 

 

アカウントが用意できたら、

次は、

 

「古着転売の作業を細分化し、

外注化する部分を決める」

 

という作業をやっていきます。

 

 

例えば、古着転売の作業は、

 

・仕入れ

・洗濯

・検品

・撮影

・採寸

・説明文記載

・出品

・値下げ

・梱包

・発送

 

 

・・・ざっと、

こんな感じになりますね。

 

 

 

で、細分化できたら、

それぞれをどう外注化していくか?

を決めていきます。

 

 

 

例えば、

 

・仕入れ→自分でやる

・洗濯→乾燥機付き洗濯機

・検品→自分

・撮影→外注

・採寸→外注

・説明文記載→外注

・価格設定&出品→自分

・値下げ→専用ツール

・梱包→外注

・発送→外注

 

という感じですね。

 

 

仕入れだったり、価格設定と言った

属人性の高い作業に関しては、

自分で取り組んで、

 

その他の作業は、

専用ツールを導入したり、

外注に任せて自動化していきます。

 

 

 

なので、自分が取り組む作業の流れとしては、

 

卸or店舗で仕入れる

→仕入れた服を検品

→乾燥機付き洗濯機にて洗濯を一通り済ませる

→商品を外注に配送

→下書きにあがった商品を価格設定して出品

 

という感じになりますね。

 

 

 

身近な人orクラウドソーシングサイトにて頼める人を探す

 

 

外注に任せる作業を明確化したら、

お次は、

 

「身近な人orクラウドソーシングサイト上でスタッフを探す」

 

ということをやっていきます。

 

 

実際に、

作業をこなしてくれるスタッフを

探していくフェーズに入りますね。

 

 

 

で、最初に

身近な人から頼める相手を探してみてください。

 

 

それこそ、親だったり、恋人だったり、

親戚だったり、友達だったり・・・

 

身近な人の方が信頼性が高いし、

頼むハードルも低いので、

まずは身の回りをあたっていきましょう。

 

 

ちなみに、身近な人の中に、

「暇を持て余している人」か

「隙間時間でお小遣いを稼ぎたい人」

なんかがいれば、その人たちが最適です。

 

 

例えば、

専業主婦の方なんかは、

家にいる時間も長く、

 

社会との接点を求めている人も多いので、

やってくれる可能性が高いです。

 

 

そういった人が身近にいれば、

ぜひ一度お願いしてみてください。

 

 

 

で、そこでやってくれる人が見つかれば、

すぐに外注化をスタートできるし、

 

頼める人が身近にいなかった場合、

次はクラウドソーシングサイトにて探します。

 

 

クラウドソーシングサイトは、

「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ 」

とありますが、どこを使っても大丈夫です。

 

 

僕は過去に

クラウドワークスとランサーズの2つを

使っていました。

 

 

募集文を作成して、

それをサイト上に載せて、

応募が来た中からスタッフとして選定する。

 

 

そんな流れです。

 

 

募集文をちゃんと作成すれば、

意外とサクッと募集が来るので、

とりあえず書いて出してみてください。

 

 

ちなみに募集文は、

 

・作業内容

・報酬内容

・雇う条件

・注意点

 

この4つに絞って書けばOKです。

 

 

参考として、

僕が使っていた募集文を

載せておきますね↓

 

=====<外注募集時の文章>=====

 

【服が大好きな方!主婦さん歓迎!スマホ1台でOK!スマホにて「フリマアプリ」運営をお願いできる方を募集します。】(タイトル)

 

 

(本文↓)

ご覧頂きありがとうございます!

 

フリマアプリの運営代行をお願いするために、

募集文を書かせて頂いています。

 

作業内容としては、

商品撮影→出品→発送の簡単なお仕事で、

マニュアルも用意しているため、

すぐにお仕事を覚えることが可能です!

 

 

扱う商品は主にメンズのアパレル古着になります。

 

基本的には、商品画像の写真撮影と、

画像編集、サイズ(洋服の肩幅、身幅、着丈、身幅)

を測定し定型文に入力お願い致します。

 

 

商品説明文はこちらで

用意致しますのでコピペでOK。

 

売れた商品は発送をお願い致します。

※発送材料備品等は全てこちらで用意いたします。

 

お客様とは一言程度のやりとりですのでとても簡単です。

 

商品登録 1件 50円

商品発送 1件 100円

 

ご自宅に商品保管ができるスペースが必要です。

多くても大パッキン2箱程度です。

まずは少量からで大丈夫です。

 

フリマアプリへの出品は

とても簡単で、慣れてくれば1出品に掛かる時間は長くても

3分程度になります。

 

好きなときに出品をして売れたら発送し、報酬が入るという流れです

(今お願いしている方の作業時間は平均でだいたい週3日、1日に1時間程度です)

 

すぐにお仕事が可能な方是非宜しくお願い致します。

 

<~内容~>

1日1~2時間時間が作れて、

1日3商品の出品が可能な方。

1週間で21商品を目標に取り組んで頂きたいです。

 

商品の登録(1登録50円)写真撮影、サイズ測定、固定文貼り付け。

 

更に商品が売れましたら1件につき100円。

 

<~作業の流れ~>

 

1 当方で仕入れた商品をお客様自宅に発送。

 

2 スマホを使って撮影、フリマアプリに出品。

 

3 商品が売れたら梱包し発送。

 

※月末締めで翌月の5日に1ケ月分の売上の報酬を口座に振込させていただきます

(毎月31日にお支払いさせていただきます)

 

簡単にお伝えしますとこのような流れとなり、これらの作業をお願いすることになります。

能力が高い方には昇給やボーナスも随時ご用意致します。

 

■応募条件

 

・スマートフォンを持っている方

 

・女性限定、主婦さん歓迎(フリマアプリでの出品商品は古着となります)

 

・オークションには興味があるけれど資金が不安な方(販売する商品は全てコチラが用意いたします)

 

・アパレルに興味のある方

 

・LINEの使用が可能な方

 

・年齢が35才以下の方

 

・経験のある方

 

■応募について

 

以下の内容をご連絡ください。

 

・性別

 

・ご年齢

 

・週の可能なお仕事時間

 

・昼間に作業できるかどうか

 

・簡単な自己紹介

 

※契約を切る際について

 

・基本的に契約を切られる場合は1ヶ月前までに連絡してください

 

・急な契約解除の場合は、在庫の返送時の送料をご負担願います

 

24時間体制で、ご質問も受け付けますのでお気軽にご連絡ください。

===================

 

上記が例文です。

 

この文章を真似して書いてくれれば、

実際に、すぐに応募がくると思います。

 

 

で、大事なのが、

「ほとんどの人はちゃんと作業をやってくれない」

前提で採用していくことが大事です。

 

 

実際に、ほとんどの人は

ちゃんと作業をやってくれませんし、

スマホすら使えないパターンもあったりします。

 

 

僕がこれまで雇った人の中でも、

メルカリにログインすらできなくて、

契約金だけを持ち逃げする人がいたり、

 

採用した直後に、

「やっぱり辞めます」

と言われて、飛ばれたり・・・

 

 

ってことがありました。苦笑

 

 

だから、1人雇ってOK!

って感覚よりかは、

 

複数人を雇ってみて、

その中で真面目にやってくれる人が

1人でもいればラッキー!

ぐらいのイメージで採用してみるといいです。

 

 

それこそ、5人を雇ってみて、

1週間は試用期間として観察して、

優秀な1人をメインに採用していく。

 

 

そんなイメージで雇うといいですね。

 

 

作業マニュアルを作成する

 

 

 

で、実際に人を雇うところまで行ったら、

次にやることとしては、

 

「作業マニュアルの作成」

です。

 

 

作業マニュアルっていうのは、

作業の流れをマニュアル化したものですね。

 

それこそ、出品のやり方だったり、

発送のやり方だったりをマニュアル化して、

勉強できるようにするのです。

 

 

これをやっておかないと、

教育することに時間がとられる上に、

 

働いてくれる人が入れ替わったときに、

またイチから教育をする必要が出てきます。

 

 

だから、そうならないためにも、

時間をかけてでもマニュアルを作って、

教育の作業をある程度自動化できるようにしましょう。

 

 

おすすめなのは、

1人目の外注さんを直接指導してみて、

 

教える中で出てきた悩みを

どんどんマニュアルに入れていく

ということです。

 

 

生の意見を吸い上げながら

マニュアルを作成した方が

 

全て想像で作るよりも

質の高いものに仕上がります。

 

 

だから、まず1人を雇ってみる。

そして、雇った人を指導しながら、

そこで得たデータを元にマニュアルを作成する。

 

 

そんな流れで作成していくのが大事です。

 

 

 

・・・と、いう感じで、

解説した3つの流れの通りに

実際に実践してみてください。

 

 

この流れの通りに行動すれば、

実際に外注化に近づくことができるので!

 

 

外注を雇う際に重要なマネジメント

 

 

さて、外注化までの流れがわかれば、

次は、マネジメントについて

学んでおくのが大事です。

 

 

人を雇う以上、

マネジメントの知識を持っておくのは必須。

 

マネジメントスキルがない場合、

いくら優秀な人を雇えたとしても、

すぐに辞められてしまいますからね。

 

 

じゃあ、どんなことを意識すればいいか?

というと、

 

・報酬は、お金よりやりがいを意識する

・血の通ったやりとりをする

・頑張った分だけとことん優遇する

 

この3つを意識するといいです。

 

 

それぞれ解説していきましょう。

 

 

報酬は、お金よりやりがいを意識する

 

 

まず一つ目が、

「お金<やりがい」

を意識することです。

 

 

これ、人を雇う上で

めちゃくちゃ大事なことです。

 

 

実際に、人を雇ってみるとわかるのですが、

以外にお金ばかりを上げても、

思い通りに動いてはくれないんですよね。

 

 

それよりも、

スタッフにとっては

やりがいだったり、

 

作業をやっている中で

充実感を感じてもらう状態を作る方が

よっぽど満足度につながるのです。

 

 

じゃあ具体的に何をすればいいのか?

というと、

 

「目標を共有する」

ことが大事です。

 

 

例えば、外注アカウントで、

月の売上50万を目指しているなら、

 

それをきちんと

外注さんにも共有してあげるのです。

 

 

そうすれば、

人は目標や目的が明確な方が

行動しやすくなるので、

 

日々、意識を持った上で、

作業に取り組んでくれるようになります。

 

 

で、目標にちょっとでも近づいたら、

外注さんに感謝をするのが大事です。

 

 

「毎日作業をこなしてくれているおかげで

目標に近づくことができています。

この調子で一緒に頑張っていきましょう!」

 

みたいな感じで。

 

 

人間、感謝されたら

やっぱりがんばろうって思えるし、

 

それってお金をもらうだけでは

感じることができない感情だったりするんですよね。

 

 

だから、こんな感じで

「やりがいをいかにして持たせてあげられるか?」

ということが大事だったりします。

 

 

逆に、毎日決められた作業を

淡々とこなすだけだったら、

やっぱりつまらないし充実感もなくなります。

 

 

だから、マネジメントの際には、

「やりがい」を意識するようにしましょう。

 

 

 

血の通ったやりとりをする

 

 

次に大事なのが、

「血の通ったやりとりをする」

ということですね。

 

 

これっていうのは、

LINEなどのチャットで

外注さんとやりとりをするときに、

 

ちゃんと感情を込めて

メッセージを送るのが大事ということです。

 

 

例えば、1ヶ月の報酬を振り込む際には、

 

「先ほど、1ヶ月分の報酬を振り込みました。

翌月もよろしくお願いします。」

 

だと、なんだか堅いし、

いかにも「仕事上の関係」って感じがしますよね。苦笑

 

 

そうじゃなくって、

 

「先ほど、1ヶ月分の報酬を振り込みました!

今月もたくさん作業してくださって、本当に助かっています。。

ありがとうございます(^^)

来月もよろしくお願いします!!」

 

みたいな感じのメッセージの方が、

関係性も良くなりますよね。

 

 

だから、淡白なやりとりは避けて、

血の通ったやりとりを心がけましょう。

 

 

外注さんを

「仕事上の関係」としてみるのではなく、

 

「一緒にプロジェクトを進めていく仲間」

としてみていくマインドが大事ですね。

 

 

頑張った分だけとことん優遇する

 

 

3つ目。

「頑張った分だけとことん優遇する」

です。

 

 

これっていうのは、

真摯に作業に取り組んでくれるスタッフがいたら、

その人を優遇してあげることが大事です。

 

 

例えば、

給料を増やしてあげたり、

サプライズでボーナスを支給するみたいな。

 

 

「頑張ったらご褒美がある」

ということがわかれば、

絶対にこれまで以上に努力してくれますから、

 

たまに、そうやって

頑張ってくれるスタッフを優遇してあげることが大事です。

 

 

僕も、過去に頑張ってくれていた外注さんには、

商品をプレゼントしてあげたり、

いつもより多めに報酬を振り込んだりしてました。

 

 

結果として、その方は

長い間外注として取り組んでくれていたので、

マネジメントがうまくいっていたのかなーと思いますね。

 

 

 

逆に、頑張っている人に対して

何も優遇しなかったら、

 

「頑張っても無意味なんだ」

と思われて、熱意がどんどん冷めてしまいます。

 

 

優秀なスタッフは、

大きな収益を生み出してくれる源であり、

大事な「資産」でもあるので、

ちゃんと大切にしてあげましょう。

 

 

外注化を成功させる上で大事な2つのマインド

 

 

 

さて、マネジメントについて

ここまで解説してきましたが、

 

ここからは

「外注化を成功させる上で大事な2つのマインド」

について解説していきたいと思います。

 

 

結論から言うと、

 

・作業を任せる人に対して過度な期待を捨てる

・今ある収益を落としてでも自動化する

 

この2つになりますね。

 

 

この2つのマインドを持てていない場合、

いくら頑張って外注化しようとしても、

徒労に終わる可能性が大です。

 

 

なので、必ず落とし込んでくださいね。

 

 

1:作業を任せる人に対して過度な期待を捨てる

 

 

一つ目の、

「作業を任せる人に対して過度な期待を捨てる」

と言うことですが、

 

これは、外注化をする上で、

死ぬほど大事なことです。

 

 

外注化して、素人に作業を任せる以上、

 

写真のクオリティも低いし、

作業スピードも遅い場合がほとんどです。

 

 

で、過度な期待を持ってしまった場合、

あらゆる部分でのクオリティの低さに対して

耐えられなくなってしまうんですね。

 

 

これ、僕自身経験があったので、

すごくわかるんです。

 

 

外注さんの撮った写真を見ると、

自分が撮る写真のクオリティに比べたら

あまりにも低すぎるので、

許せなくなってしまうんですね。

 

 

だから、

何度も撮り直しを要求したりだとか、

 

挙げ句の果てには外注をやめさせて、

結局また自分の手でやっちゃう。

みたいなこともありました。

 

 

でも、それだと一向に

自動化には近づけないんですよね。

 

 

大事なのは、過度な期待を捨てて、

ある程度割り切ることです。

 

 

と言うかそもそも、

自分が初心者だったときだって、

クオリティの高い写真なんか撮れなかったわけで。

 

なのに、他人に対しては、

最初から高いクオリティを要求するなんて

ちょっと理不尽ですよね。

 

 

だから、

「だんだん上手くなってくれたらいい」

ぐらいのマインドで見守っていくのが大事です。

 

 

一番大事なのは、

外注化を成功させて、

事業の規模を拡大していくことなので、

 

自分のプライドだったり、

少々のクオリティの低さには目を瞑っていきましょう。

 

 

2:今ある収益を落としてでも自動化する意識を持つ

 

 

 

2つ目に大事なことが、

「今ある収益を落としてでも自動化する意識を持つこと」

です。

 

 

これも、めっちゃくちゃ大事。

 

 

自動化するってことは、

当然ですがコストがかかります。

 

 

外注さんを雇うとなれば、

毎月の報酬を払っていく必要があるし、

 

ツールを使うとなれば、

月額費がかかったりします。

 

 

つまり、経費が増える分、

利益も目減りしてしまうのです。

 

 

で、利益が減ってしまうことに対して

耐えられなくなって

結局、自分の手でやってしまう。

 

なんて人もよくいます。

 

 

ですけど、何度も言っている通り、

自分の手でやっている以上は、

事業はそれ以上拡大していきません。

 

 

外注を雇ったり、

ツールの力を使わないと、

レバレッジはかけられないのです。

 

 

だから、大事なのは、

”今ある収入を落としてでも自動化優先で動くこと”

です。

 

 

外注を雇ったり、

ツールを導入した場合、

当然ですけど、一時的に収入が落ちます。

 

 

今まで30万利益を稼げていたのが、

25万まで減ったりする。

 

 

ですけど、自動化することで、

どんどんレバレッジがかかっていくので、

長期的にみたときに収益は右肩上がりになっていくんですね。

 

 

それこそ、半年とか経ったら、

いつまでも労働しているプレイヤーを横目に、

 

自分は月の労働時間10時間とかで

何倍もの収益を稼ぐことが可能になる。

 

 

このように、長期的にみたら、

自動化することはメリットしかないのです。

 

 

 

だから、短期的な利益は捨てて、

将来の自分を楽させる意味でも、

利益を捨てて自動化していきましょう。

 

 

このマインドを持っている人が、

将来、自分の事業を何倍にも拡大させることが可能です。

 

 

まずは、簡単な作業からでもいいので、積極的に外注化してみよう

 

 

 

ここまで、自動化、外注化に関する

たくさんの知識を共有してきました。

 

 

自動化を目指すには、

色々とやることも多いし、

コストもかかるし、

ハードルも高いことが多いでしょう。

 

 

ですけど、最初から完璧に

全てをやろうとしなくていいです。

 

 

まずは、発送とか、梱包などの

簡単な作業から外注化してもいい。

 

 

それこそ、ツールを導入してみて、

値下げを自動化してみてもいい。

 

 

たった一つ、作業を自動化するだけでも、

見違えるほど作業が楽になりますからね。

 

 

だから、まずは

簡単なところからでもいいので、

ぜひ自動化にチャレンジしてみてください。

 

 

そこから徐々に、

外注化の範囲を広げていく感じでも大丈夫です。

 

 

何事もまずは小さく初めて、

徐々に大きくしていく意識を持ちましょう。

 

そうすれば、外注化というハードルも

確実に乗り越えることができるので。

 

 

 

と言うことで、

ぜひ今回の記事をもとに、

自動化にチャレンジしてみてください。

 

 

ではでは!

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 


僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 月利50万プレイヤーの古着転売実践ブログ , 2021 All Rights Reserved.